HID
HID
HID取り付け方法

下記はあくまで例です。個別の装着のアドバイスは出来ませんのでご了承願います。

車いじりに自信がある人であれば特に難しいことはありません。
ただ、高圧電流が流れますので必ずバッテリーのターミナルをはずした状態で作業願います。
取り扱い中の事故につきましては弊社は一切の責任を負うことが出来ませんのでご了承願います。
少しでも自信がない方はプロへ装着依頼されることをお勧めします。



【防水カバーがゴムパッキンの車の場合】

防水カバーがゴムパッキンで出来ており、パッキン外部から電源を取り入れる方法になっている車(古い車に多い)は特に難くはありません。
説明書の通りに作業すれば設置可能です。
必ずバッテリーのターミナルをはずした状態で作業願います。


【防水カバーがプラスチックで、ライトハウジングがクローズドされた車の場合】

最近の車に多いウインカー一体型のヘッドランプの場合、電源をカブラーで纏めてライトハウジング内に引き込む形になっており、ヘッドライト内部で配線が完了するため、外部から配線を取り込むことができません。

ハロゲンをHID化する場合は車体側にバラストを取り付ける必要があるため、防水蓋に穴を開ける必要があります。

下記は三菱コルトでの装着例です。コルトの場合ヘッドライトを外したほうが作業をしやすかった為外しておりますが、通常であればヘッドライトをはずす必要はありません。

いずれの場合も高圧電流が流れておりますので、必ずバッテリーの電源を外してから作業を行うようお願いします。
HID H1
HID H3
HID H4 HL
HID H7
HID H8
HID H9
HID H11
HID H13
HID HB4
HID HB4
HID D2R
HID D2S
HID
HID

【防水カバーがプラスチックで、ライトハウジングがクローズドされた車の場合】


防水蓋を外します。
ハロゲンバルブを取り出します。

ハロゲンバルブに接続しているのが電源用コードです。

オルタネーターからカブラーで纏めて取得した電源を、ヘッドライトの内部で「ロービーム、ハイビーム、ウインカー」に振り分ける構造になっており、ヘッドライト内側からロービーム用電源コードが出てきています。

「ヘッドライトケース内部のバナー」と「車体側のバラスト」を接続するためには、防水蓋が邪魔です。
防水機能を確保しながら、バナーとバラストを接続するために防水蓋に「25mmのきれいな同心孔」を空ける必要があります。

「電動ドリル」と「ホールソー(同心の刃が回転するアタッチメント)」を用意します。
 ホールソーは600円程度です。
25mmの孔が開きました。
穴があいた防水蓋の外側に「バラスト接続用カブラー」、内側に「バナー」と「電源取得コード」が来るよう穴を通します。
防水蓋の穴に完全にセット出来ました。
これで、防水効果も確保できます。
ヘッドライト側の電源コードを接続します。
バナーを差し込みます。
防水蓋を締めたら出来上がりです。

バラスト用カブラーとバラストセットし、ヘッドライトの純正カブラーを差し込んでください。

高圧電流が流れますので車両取り付けの際は必ずバッテリーコードをはずしてから作業を行ってください。
Copyright ALL RIGHT RESERVED